オフィシャルブログ

秋の訪れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

こんにちは!

前回の投稿から2週間たってしましました。

皆さんは、いかがお過ごしでしょうか。

実は、私2週間前から体調を崩していまして、のどの痛みと鼻つまりと倦怠感があり、熱は、無かったですが、

これは、もしかしてと思い南天山病院に、検査を受けに行ってきました。

電話して、予約をとり専用窓口より病院へ入ったら・・・❕

映画のセットのような、院内、そして看護婦さんも防護服

わぁ、アウトブレイクみたいと思ってしまいました。

検査までの時間の待ち時間は、焦りが、どうしよう。

名前が呼ばれ、検査室へ

その部屋も検査員の方との間には一枚の仕切りがあり、仕切りに手が通る穴があいていて、そこから私の鼻の穴へ綿棒をグリグリ、痛い・痛い・すごく痛い

私の鼻から検体が抜かれ、その検体に向かって、「わかってるよね。お願いウイルスにはかかってないようにね」とお願いをして送り出しました。

また、待合室で待っていると、呼ばれて先ほどとは違う部屋に呼ばれ、座ったら紙を見せられ、先生より検査結果は、これね!

陰性 やった!よかったー

その後、先生は何か話していましたが、安堵感の方が強くて、まったく聞いていませんでした。

その後も、1週間ぐらいで倦怠感と喉の痛みはなくなりましたが、鼻声は治っていません。

この鼻声はもしかして、アレルギー性鼻炎が再発の可能性が大きいです。

来週耳鼻科に行こうと思います。

今回思ったのは、自分がかかるより、他の方にうつしてしまったらと、

すごく心配しました。

怪しいと思ったら、すぐ検査を受けられた方がいいと思います。

それでは、皆さんお体をご自愛ください。

追伸

カドケンの最近の活動は、戸建数棟と他県でマンションを2棟の工事をしています。

また、その内容は近々にお知らせします。

カド建株式会社